富士山の醤油皿と甲府城跡(舞鶴城公園)

帰りの談合坂サービスエリアで見つけた富士山醤油皿。箸置きにもなるというギミックにシビレた。

 

…けど、赤と青の色が思っていたより子供っぽくて、なんというか、失敗したかもしれない。箱の写真ではもっと渋く見えたのに、開けてみて苦笑い。

富士山醤油皿

武田神社の後は、甲府城跡(舞鶴城公園)までやって来た。

初期は隅から隅まで散策したものだけど、何度目かだと雑になる。

この日は思いがけず暑くて既にヨボヨボだったし、本丸の謝恩碑が建っている辺りから富士山を眺めて目的達成とした。

甲府城跡(舞鶴城公園)

同じ平山城でも彦根城と比べたら100倍楽だけど、疲れることに変わりはない。

甲府城跡(舞鶴城公園)

目的達成。いい眺め。そして汗まみれ。

甲府城跡本丸からの眺め

東横インの存在感。

甲府城

帰りは、内松陰門の方から出た。凄い遠回り。

そういえば、今年は善光寺の御開帳だった。コロナで1年延期されていたらしい。

この日は御開帳の日程からはずれていたけど、まだ行ったことの無いこちらを優先すれば良かったと後悔している。

甲府城跡・内松陰門

ブログランキング・にほんブログ村へ

桔梗信玄プリン

今日も消費期限を過ぎたお菓子の朝ご飯。

桔梗信玄餅工場テーマパークで買って来た、一口サイズのサツマイモおはぎ。

苺おはぎもそうだけど、正式な商品名は忘れてしまった…。

桔梗屋のお菓子

お昼ご飯(桔梗信玄プリン)。

桔梗信玄プリン

かなり昔「おざら」を食べた水琴茶堂に初めて入ってみた時。お店の人が「試作品です」と、↑信玄プリンにそっくりなお菓子を出してくれた。容器も一緒だったと思う。

黄な粉味でも信玄茶味でもなかった記憶だけど、とても美味しかったのは確か。

そういえばジャンプ+の連載漫画「ラーメン赤猫」のクリシュナちゃんに見覚えがあり過ぎて、ずっとモヤモヤしていたけど思い出した。

一昨日の日記で散々語った、吉田戦車の「ぷりぷり県」(1995-1998)に登場する「ライオンうどん」じゃないか。

ライオンうどんはライオンが、ラーメン赤猫はトラが麺を打っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ

武田神社 (躑躅ヶ埼館・武田氏館跡)

桔梗信玄餅工場テーマパークで買って来た普通の信玄餅(アウトレット)。

容器が最中(もなか)で出来ていて、全部食べられるNEW信玄餅はすでに売り切れていた。

プラ容器の溝に入り込んだ、黄な粉と黒蜜が混ざったやつ。洗っても洗ってもなかなか取り切れないので、小皿に移してから黒蜜をかけた。

黄な粉だけの汚れなら、軽くすすぐだけで簡単に落とせる。

資源ごみの汚れはどの程度落とせばOKなのかよく分らないし、普通のお皿洗い以上に水と洗剤を消費しているんだよな。

桔梗信玄餅

武田神社は、2度目の参拝。

元は武田信玄の居城・躑躅ヶ埼館(つつじがさきやかた)が建っていた。

祭神はもちろん武田信玄公で、ご利益は「勝運」。おみくじにも「勝利」とか「勝機」とか、そんなことがたくさん書いてあった気がする。

 

武田信玄といえば威圧感が凄くて畏れ多い気を漂わせているイメージだけど、武田神社の境内は明るくて清々しい雰囲気。

武田神社

もう間もなく閉まる時刻だったので、宝物殿は諦めた(前に見たし)。

躑躅ヶ埼館

信玄公の「かくし湯」入浴剤。

「ぷりぷり県」の信玄さんも、温泉を隠すのを趣味にしていたな。

武田氏館跡

「姫の井戸」。飲用可。信玄公の娘さんの産湯に使われたという言い伝えがあるらしい。

武田神社「姫の井戸」

武田水琴窟。手前に少し写っている竹筒に耳を当てると、涼しげで透明感のある音が聞こえる。

武田神社「武田水琴窟」

境内にいたのは30分程度だけど、ふくらはぎが蚊に刺されでボコボコになってしまった。何ヶ所刺されただろう?

血なんかいくらでもあげるから、わざわざ痒み毒を注入する嫌がらせは本当に止めて欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

「桔梗信玄餅工場テーマパーク」の「水琴茶堂」で「おざら」を食べた。

山梨ドライブの道中は、必ず「ぷりぷり県」と「おかゆネコ」(どちらも吉田戦車の漫画)に登場した武田信玄の話を延々していたいし、しなきゃいけないものだと認識している。

「ぷりぷり県」のつとむ君も「おかゆネコ」のつぶ君も、ひょんなことからタイムスリップして戦国時代の甲斐の山奥に飛ばされるけど、そこで孤独を楽しんでいる信玄さんに出逢ってご飯をご馳走になって…。

 

どちらの信玄さんも、警戒心ゼロで屈託のない人柄で本当に好き。

 

今日の朝ご飯。

昨日、桔梗屋のグリーンアウトレット1/2で見つけた一口サイズの苺おはぎ。

お店に並んでいる時は、ドライ苺?のフレークがカリカリしている感じでもっと美味しそうだったな。

悪くならないようキンキンに冷やしながら持って帰って来たせいで、汗をかいてシットリしてしまった。それでもちゃんと美味しい。

アウトレット品なので1個100円。消費期限は昨日…。

桔梗屋のお菓子

信玄餅の工場から少し離れた駐車場に停めたお陰で、カラフルなバラの花をたくさん見ることが出来て得をした。まともに撮れなかったけど…。

桔梗信玄餅工場テーマパークへ続く道

工場見学はまだ出来ないみたい。

コロナ禍前に何度か訪れているけど、ここまで混みあっていることは一度も無かったと思う。

信玄ソフトを食べているお客さん達で超過密状態になっていた一画は、いつも誰もいなくて清々とした気分で買い食いを楽しめたのに。今までが奇跡だったのかもしれない。

桔梗信玄餅工場

信玄ソフトは諦めて、人が掃けた後の「水琴茶堂」で「おざら」を食べた。

水琴茶堂

何処で食べても、浸け汁の強烈な干しシイタケ香に圧倒される。これが標準なのか。

ここのおざらは、ほうとうの麺ではなく普通のうどんっぽい。

配偶者はカボチャほうとうを食べていた。

埼玉にも「煮ぼうとう」という郷土料理があるけど、こちらは醤油味。

山梨、埼玉、どちらもそれぞれ美味しい。

 

「おかゆネコ」のつぶ君は、信玄さんから「おばく」という郷土料理を振舞われていた。麦飯をお粥にしたような感じで、ネギ味噌を添えて食べるらしい(美味しそう)。

つぶ君は猫なので、ネギ味噌のほうは断っていた。 

ブログランキング・にほんブログ村へ

桔梗信玄ソフト

朝一で病院に行って血液検査の結果を貰った後、中央自動車道が空いていそうだったので、山梨方面までドライブして帰って来た。

神社やお城を見て回って、帰りの談合坂SAで信玄ソフトを食べた。

今の自分はあまり食べてはいけないんだろうけど、凄く久々だから気にしない(気にしてる)。

信玄ソフト

血液検査は、コロナ前の2019年頃?にやった時と数値が殆ど変わっていなかった。良い所も悪い所もぜんぶ。

ブログランキング・にほんブログ村へ